土曜日に最後の授業が終わりました。

この年度は2年生が少なくて、アンサンブルの授業では、ベースは先生が弾くことが多くて、

自分のメインの8弦の楽器を持っていったり

前にメインで使っていたフォデラの5弦を持っていったり、

学校にある、生徒に貸し出すための4弦の(どちらかといえば廉価な)ジャズベを弾いたりして一年過ごしました。

メインの8弦は、ただでさえ高音過多、低音過小に加えて、ベース側の4弦のをもう少し細い弦に変えて、タッピングしやすく調整しようとおもうと、ベースとして演奏するには、ベースとして必要な音からどんどん遠ざかるセッティングになっていく予定なのです。

特に最近は、ジャズベを弾いていると、それに慣れてきたのもあってとても弾きやすかったり、

音色のコントロールがしやすかったり、作りやすかったり、

自分の楽器より、弾きやすいなぁと思うような部分もでてきて、


自分が実は4弦の楽器を持っていない事実には気づいていて、少しだけ違和感あったのが
段々積極的に取り組みたくなってくると、自分の4弦の楽器が必要な気がしてきていました。

そこで少し前から、ヘッドレスの長所を実感している自分として、

ヘッドレスの、4弦の楽器で、軽くて、いい音で、見たら触りたくなる、惹かれる楽器で、手が出る値段のをネットでさがしていました。

でもちろんヘッドレスといえば、

我が8弦、Ns/stickのNSとあるネッド・スタインバーガー氏のデザインで有名人なスタインバーガー社の楽器が最初に思い出される訳です。

まあまあ安いのからちょと高めのまで、ビンテージにおいてはそれは無理、というのもあり

それぞれの音をネット上ではありますが聴き比べて

これかなこれかな、いやこの音でこの値段はちょと納得いかん、

これだと気楽だけど楽器に魅力が薄い、

これはカッコイイから欲しいけど高い!

などとなって、納得いくのがないままで

ではヘッドレスでほかのメーカーのはどんなのがあるのか、と調べていたら、

Bacchusのウッドラインというシリーズにヘッドレスがラインナップされてて、

それのハムバッキングピックアップのではなく、ジャズベ仕様のシングルコイルのピックアップが付いてるやつに興味が湧きまして

これならちょと興味あるけど、欲しくなるほどの全体の印象でもなく

ストランドバーグのボーデンとか、高い割に音が納得いかんし

6弦のMTDのヘッドレスが一本だけあっても、買う意味、いまの僕には無いし

改めて、基準を考え直してみたのでした。

若かったころ、いいな、と思った音ってどんなだったのだろうか。

思い返すと、

ミュージックマンとか好きだったので音聴いてみると、やっぱり良いな、と思い

しかし重いのであきらめ

ほかになんか好きだったのあったかな、ほしいなぁと思ってた楽器、なにがあったかな、と思って探していると、目に止まったのが、

ゴダン(Godin)のセミホロウボディーのセミアコベースでした。

ゴダン、実はマルティアックジャズ(生産終了)という、フルアコだけどギターシンセにも繋げられるというエレキギターを持ってます。

以前宝石商の仕事で、数ヶ月間バブリにバブッた時期があり、何か楽器で残しとかないともったいないなて事で、購入したお気に入りのギターです。あんまり弾いてないですけどね。

ということでゴダンは、ギターしかもってないです。

で、そのセミアコベースの4弦が、Yahooオークションに出てて手が出る値段。フレットレス。

多分いい音だろうけど、重さが判らず検索して4キロ。うん許せる。

久しぶりにメインがフレットレスもいいな、と思って考えてみたが、スラップの練習をしたくて4弦の楽器を買おうとしてるのに、フレットレスはまた意味ないかなと思ってやめか、、?

そや、これのフレッテッドもあるやないか、と検索して、在庫あるのを確認し

ユーチューブで音を聴こうとおもうと、出てくるのがフレットレスのデモ演奏ばかりでなかなかフレッテッドが聴けないが諦めずに探していると見つけて聴いてみると

とってもいい音だよ!!

昔はフレッテッドの4弦には、全く興味なかったので気に留めなかったのですが、

今更フェンダーのジャズベを買うことをおもえばゴダンは僕にはとても魅力的で、

練習にと思って探していたよりも高いものだし、

ヘッドレスでもないけど、

なんせ音を優先して、

買ってしまいました。

さあ、おそらく一週間以内には届くのでしょう。

火曜のライブには間に合わないけれど

今度からそれ以降のフロントでないライブには、それ使うだろうな。

学校にもそれもっていくだろうな。弾く日は。

音聴くのが楽しみです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。