さようなら アメブロ

アメブロからの引越しが完了しました。

すでにアカウント削除済みです。

 

引越しは感慨深いものです。

生きてる自分の何かが、自分の何かとの断絶を許してしまう冷酷さは。

それとも

諸行無常のわびさびも、のちに覚えるかろみに添えん。

 

 

さて、今日は

月1回で行なわれる、第二回 定例家族会議 でした。

 

別にここに書くこともないことですが

オモロイ家族であるアピールになるとオモロイな、という邪もあり

 

 

忘備録として

残していきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

笠松家 定例家族会議

① 第一回 2014年 11月 15日 20:00から2時間(そのあと打ち上げ) 参加者 笠松としや(父、議長、書記) たのいみき(母、相談役) 長男(中1) 次男(小五)

議題
①この家族会議が行われる目的について

趣旨は、子供達の生活に必要な、新たな能力や考え方を、積極的に発見、体得して頂く為の、話し方や考え方についての意見交換を、楽しみながら、会議形式で議論してみる。 特に以下を身につけていきたい。

⑴対話力 ⑵肯定的思考力 ⑶問題解決能力 ⑷マクロ的判断力 ⑸強さ、優しさ、明るさ ⑹長期間において一貫したそれらの修得の継続

②今後家族のそれぞれが、遭遇すると考え得る危機について 下記に詳しく

③今、生活の中での楽しみについて 今回は時間が足りなかったので、次回に12月の定例家族会議に持ち越し
ーーーーーーーーーーーー

会議報告

②今後家族のそれぞれが、遭遇すると考え得る危機について

⒈目的: 家族の全員がそれぞれ、漠然と思っている不安を、家族で共有し、その不安に対する解決作を検討、検討の方法を観察することで子供達の問題解決能力の向上を計る。 また、親の不安を共有することで、社会の中での自分、将来の自分との繋がりを現実的に捉え、子供達の自立心を促す。

⒉方法: 各自 五つずつ、今考え得る不安を書き出し共有、意見交換する。

父: 仕事があり続けるのか 子供達の学費を貯めれるのか(ようするにお金) 健康であり続けるのか そのための行動の持続ができるか 長男が、やりたいと思える仕事を見つけられるのか、 そのための勉強を続けて行けるか 次男が、合理的な判断、行動を積極的にとれるようになるか そのための行動を持続できるか

母: お金のこと(父と同じ) 健康のこと(父と同じ) 歳をとっても前向きで有り続けることができるか その中で子供達の事を見守り続ける事ができるか

長男: 残りの中学二年間、学校生活に耐えられるのか 水泳のバタフライ、背泳ぎが上手くなるのか(水泳部) テストで納得できる事が出来るのか(塾の公開テスト) (数学の)教師になって、数学の嫌いな人にでも上手に教えられるようになるのか 家庭を持って子供を育てられるのか

次男: 将来、お金を稼ぐことが出来るようになるのか やりたい事が見つかるのか、職業にできるのか 死ぬのか 友達と仲良く出来るようになれるのか

⒊対策 一方的に父が対策案を提示し、終了
(今回は練習も兼ねているため、一方的に話している。慣れてくれば子供達の発言が増える予定)
——————————————————–

第二回 2014/12/20 20:00から22:30

前回の復習の意味で再び、現在考えられる不安について、 それぞれ三つ挙げる。 それぞれについて、それぞれの対策案の意見を述べて検討する。 (父は議長として対策案提示のみ)

前回持ち越した③今、生活の中での楽しみについて 今回は時間が足りなかったので、次回に12月の定例家族会議に持ち越し
について、時間の都合、再び持ち越した。

①不安について
母 ・収入 ・体力 ・誠実な態度を維持できるか(ひとの話を最後まで聞けない )

長男 ・人に上手に説明出来るようになるのか ・就職出来るのか ・成績について

次男 ・体力がつくのか ・自分の子供をちゃんと育てられるのか ・結婚出来るのか

②対策案

母 体力 定期的に踊れる時間帯と方法。YouTube、ダンス、一ヶ月に一度ハイキング、 一日に一度歩く 冬休みのウォーキング決定
人の話を聞けるように なるためには
嫌われてもいいと思え 始めて聞く話と思え

次男 体力 ウォーキングを一緒に
結婚、稼げるようになるために 話を沢山する、友達をつくる 言葉を知るために本を読む

結婚できるか 優れた部分があれば人はそれに惹かれるのだから、自分の興味のあることをしっかり深めて行けば、結婚も仕事も、目じゃない。

長男
説明、就職は次男への提案と同じで 成績 集中力の持続のために、三階の自室で出来るようにする。 明かりのために机の向きを修正

③まとめ
笠松家50音格言集についての質問コーナー

え:永遠は瞬間である、について
な:何かと別れるべき時がある、について
し:四つのシ(史・師・詩・死)について、
む:矛盾を活かせ、について

を以下のように話す。
アリストテレスの詩学、から引用。隠喩について説明
芭蕉のわびさびの上位思想、かろみについて説明

コメントを残す