少し前に、幸福論という本を書いた、アランという人が残した

『楽観主義は意思によるものであり、悲観主義は気分によるものである』

という言葉を見つけて、少し勇気が出た。

しかしこうしてしばらく時間が経ってみて、自分の中にある違和感は、寝返りをうつように、もう一度この言葉の据わりをみようとする。

そうして僕はこの場合の

『悲観の批判としての楽観』

に対しても批判を行いたい。

何故なら、より現実的に、生活において自分に課せているのは

『悲観のアンチとしての楽観』

では無く、いうなれば禅問答のような、

『批判を批判すること』

の結果が生み出す、楽観にも見える姿、だからである。

アンチテーゼは、最大でテーゼの客体化の役割を全うしはするが、本来的に、最大でもその仕事しかしない。故にそれは正しい批判とならずに、必然的に、正しい批判としてそれらを網羅するジンテーゼを必要としている。

とすると、、

批判を批判することによる楽観、それ以上の方法が、あるのだろうか。

って思うのです。
ま、こんな事を考えてたこと、忘れないように書いておきます。

(2014/10/20)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。