月別アーカイブ: 2018年8月

出会いと気づき。

4月の末に、ながらく気づかす、やっとここ一年ほど、悩みの領域まで及んでいた事柄に結論を出させるに至る楽器の存在を知り、家族の協力とともに次の段階を踏むクリックをコチした。

どういうかというと

6弦エレキベースでトリオという、ギター、ウッド、ドラムという編成のようにやるときに、ギターとは違いウッドにかぶり使えなくなる部分のあることで狭まる自分の音域、それによるジレンマをどう打破するのか、

という気づきのことである。

歌や管楽器がいるのと違い、トリオで演るとなると全ステージをその音域でやり抜くのは無意識に積もる不足感があり、それを解消するためのテクニックがあるとすれば、それは不足を埋めるためであり、不自然な意識が働いた結果である可能性を拭えない。

三ヶ月の納期期間を経て、7月末に届いたこの新しい楽器の可能性に自分の未来を賭けるつもりで購入を決めた、という話であった。

いま、まだイロイロあってガッツリ向き合えてないが、今後メインの奏法になるであろう右手のタッピング練習だけをやっている。

自分の手が思い通り動かすイライラする。

何かあたらしいことをやり始めると感じる、いつものあれである。

向いてないのか?とおもう。しかし一日同じことをやってると、コツがわかってきて、すこしできるようになった。

タッピング奏法といっても、スケールを上行する場合だけがタッピングであって、スケールを下る(音程がさがっていく)場合はプリングオフ(押さえている指を外すときに、少し引っ掛けるようにして、一方の手で弾かずとも同弦の次の低い音が出るようにする奏法)で演奏される。

右手の、薬指と小指を、指板上で演奏に使用することは、これまでの人生でほぼ無かったので、右手の小指でこれをやるのは大変難しい。

ここが頑張りどころだと肝に銘じて、なかなか意味がつかめない難解な本の1ページを何度も読み返すように何度も同じことを練習する。

イライラと眠気を乗り越えて、でもそれでも思ったことができない。

このとき、なんて自分は不器用なんだろうと、親を恨む瞬間もある。

自分は、何にこだわってこうしているのだろう、と呆然とする。

当然、この奏法でやりはじめる演奏の質はガタ落ちで、レベルイチに逆戻りを迎える覚悟を求められる。

いや、求められてもいない。

自分だけが、求めるかどうかノミである。

求められてもいず、しかし自分だけがその可能性を見る。

ほら、これこそ、やる意味があるじゃないか。

いまは、ただの丸太である木の前に立ち

じっと見つめて、そこに内在する、この世のものとは思えぬ美しき女神の目と鼻と唇と頬と指と、その指さきが指し示す真実の輪郭を、

ノミと金槌を手に、立ち尽くす自分だけが

見つづけるかどうか、なのだから。

毎年この季節に、PAと演奏をこなす大変な企画をしてます。

打ち上げもいつもですが、いつもよりもっと楽しく話して

ゴスペルを歌われているかた達のあつまりなので、僕は無宗教ですが当然クリスチャンのかたも居られて

長らくやられている方と、僕が新しくであったクリスチャンのミュージシャンが共通の知人だった事など話して解散しました。

新しくであった方との話の中で気付いたことかあります。

それは当たり前ですが、宗教心と信仰心が同じではなかった、ということです。

自分は無宗教でやってきたので決まった一つの宗教心はありませんが、では信仰心がなかったのかといえばそれは全く逆で、大いなる信仰心があり、それを求め、そのために今もやり続けているのだなぁということに気づけたのです。

音楽の意味、価値、そんなことをそもそも考えて芸術として音楽をやってる人がどれほどいるのかは、みなさんもなんとなくお気づきでしょう、

それほど多くないです。

それはそして不幸にも、なにかを信仰されてる宗教心をもつ方々に対しても疎外感を持たせかねない、無宗教なる信仰心という、矛盾めいたパーソナリティーなのです。

これが自分なのです。

誰かの仲間になることは誰かから離れるのではないか、そんな裏切りを音楽の庇護の中ではできる限りしたくない。

それが自分を無宗教でいさせる理由です。

しかし、信仰心を裏付ける論理でもあります。

そしてこれが大事、この約束は、自分だけのものであって、人に強制もおすすめもするつもりも、まったく無いのです。

久しぶりに更新するブログは、こんな告白めいた内容となっておりますが

べつに悩んでるわけではないですよ?

気づいたことであり、

この気付きを身近な人に話すと、共感と、そしてその人にとってもヒントになる場合があるのです。

なのでこうして

誰も書かないようなブログを書いています。

喘息がやっと治りつつあります。