音楽の温泉

昨日の演奏がまた、楽しかった、

楽しかったら、いいのかなそれで。

その答えはまだでてはいません、

社会において。

ぼくは昔はそれで良いとは思ってなかったです。

音楽の価値は、

特に時間を舞台にする即興演奏の価値とは

啓蒙にある

具体的には、

近未来の予見描写

改善された近未来を認知し、実現するチカラ

ではないか

ソレが即興演奏であり、

その技術と方法を広く共有できるのが、即興演奏だと

それによって社会を改善する人々のちからとなる

それがアートリテラシーであると

、、まぁ僕は、ですが

結論しています。

そんな話を演奏がおわってから少し話してあとはカレー食べて楽しかったな、と描いたんですが

楽しさは、生きるために必要です。

それが、力になるから

その力で、では一体

僕たちはなにをするのか

より良き自分、を目指し

皆にとってより良き社会をつくる力にすることです。

その方向にむかう、ということです。

その希望こそが、音楽を価値あるものにするとも思ってます。

始終、真面目に書き切りましたわ。

あーたのしかった。

楽しさは温泉のようなもの。

いつの間にか効能がある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。