「ARTombudsman」カテゴリーアーカイブ

だけど、そううまくは行かない、と思うこと。

なにかをしたい。

したいけど一つしか出来ないことがある。

その時

目の前に、2つある。

3つ以上なら、2つにわける。

2つに分けたら、どちらがいいかを考える。

考えてもどちらが良いか、わからない事がある時があって

その時やっと、人は勉強する必要がでてくる。

試行錯誤しながら勉強しつづけてやっと、目の前の2つの上になにが繋がってるのか見えて、

上位の価値観の比較から、目の前のどちらが優先されるべきか逆算できるようになり、

その合理性と、人情という非合理の価値観のどちらを優先するのかを、ギリギリまで合理的に考えつつ最後に答えを出す一歩手前で、自分の心に聴いて見る。

選択は時間が限られ、その一番いいタイミングに一つだけ答えを選ぶ。

それがインプロヴィゼーションだと思っとります。

そして正しい生き方だなぁとも思います。